お酒まとめ大全 電気ブラン リキュール
その他(リキュール) リキュール

電気ブラン

電気ブラン(でんきブラン)は、東京都台東区浅草にある神谷バーの創業者、神谷伝兵衛が作ったブランデーが混合されたお酒です。

当時電気が珍しかった明治時代に誕生した、ブランデーベースのカクテルです。その頃は最新のものに冠する名称として「電気…」と呼ぶことが流行しており、それにブランデーの「ブラン」を合わせたのが名前の由来だそうです。発売当初は「電氣ブランデー」という名で、その後「ブランデー」ではないことから現在の商標に改められたといいます。

その度数は当時45度と高く、口の中がしびれる状態と、電気でしびれるイメージとが一致していたため、ハイカラな飲み物として人気を博しました。ただし発売元の合同酒精では、電気ブランという名称の由来は「電気との言葉がひどくモダンで新鮮に響いたから」とし、「口の中が痺れるため」という説は否定しているようです。

お酒まとめ大全 電気ブラン リキュール

ブランデー、ジン、ワイン、キュラソー、そして薬草が配合されているますが、材料の詳細、配合の割合は今も秘密にされています。

現在もオエノンホールディングス傘下の合同酒精株式会社が醸造・販売を行っており、スーパー等でも普通に購入できます。また2010年代のハイボールブームの追い風を受けて、近年は東京都内の飲食店や居酒屋などでも電気ブランのハイボールをメニューに出す店も増えているようです。

度数により、電気ブラン(30度)、電気ブランオールド(40度)の2種類があります。神谷バーのメニューでは前者を「デンキブラン」、後者を「電氣ブラン」としているそうです。

ぜひ一度、数々の著名な小説にも登場する電気ブランを試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す