サンジェルマン お酒 エルダーフラワー リキュール お酒まとめ大全
リキュール 香草・薬草系(リキュール)

サンジェルマン・エルダーフラワー・リキュール

見た目は高級感のあるボトルですが、意外とその存在を知らない人も多いのではないでしょうか。今回紹介するのはフランス生まれで、エルダーフラワーのリキュールであるサンジェルマンです。

エルダーフラワー(ニワトコ)とは、ハーブティーの定番ハーブのひとつです。マスカットのような香りがして、ひき始めの風邪にも効果があるため、嗜好品としても楽しめ、デトックスや健康維持のために飲む場合も多いそうです。保存の利くコーディアルシロップに加工され、ヨーロッパでは伝統的に親しまれています。

サンジェルマン エルダーフラワー リキュール お酒まとめ大全

このお酒の歴史は、まだ浅く、2007年に発売されました。翌年サンフランシスコスピリッツチャンピオンシップで金賞を受賞し、今では西洋ではメジャーなリキュールの一つとして評価されています。

2年ほど前にようやく日本でも正規品が発売されるようになり、現在はカクテルコンペティションに用いられるなど、露出の機会も増え、じわり認知度が上がっているようです。

100年以上の歴史を誇る醸造家の家系で育ったロバート・J・クーパー氏が、世界で初めてエルダーフラワーを使ったリキュールを発明し、このお酒を発売しました。実はロバート・J・クーパーの祖父は、有名なブラックベリーを使ったリキュール、シャンボール リキュールを発明した人でもあります。エルダーフラワーは、低木に咲くとても小さい花ですが、一年に一回、春の終わりにたった2〜3週間しか咲かない貴重な花です。ロバート・クーパーは、そんなフレッシュなエルダーフラワーのみを使うというこだわりを持っていました。乾燥したものや、冷凍したものは一切使わないそうです。そのため、サンジェルマンに使われているエルダーフラワーは、100人以上の職人が、手早く丁寧に手摘みしたものだけを使用した特別なものなので、このお酒は豊かで華やかなフレーバーになるのです。

保存料、安定剤、合成着色料等も一切使っておらず、自然のままのピュアな原材料のリキュールなので、フレッシュな花の香りを直接感じることができます。好きなワインやスピリッツなどと合わせてオリジナルのカクテルを作って楽しむこともできます。

もちろん、ソーダ割やトニック割でも爽やか上品な甘みを感じることができるので女性にもおすすめのお酒です。

ぜひ一度、その上品な味わいを持つサンジェルマンを試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す