お酒まとめ大全 ウォッカ シロック
ウォッカ スピリッツ

シロック・ウォッカ

ウォッカというとロシアなどの寒い地域でよく飲まれているきついお酒で、香りを感じないお酒という印象が強いですよね。そんなウォッカですが、ここ最近はフルーツの香りのものなど、バラエティ豊かなウォッカが登場し人気になっています。

そして今回紹介するのは、そんなウォッカの中でも世界的にも珍しい、ブドウから創られた全く新しいフランス生まれのウォッカ、『シロック・ウォッカ』。普通はジャガイモや麦などを主に原材料にされるウォッカですが、シロックの原材料はブドウ100%です。

「シロック」はフランス、ガイヤック地方のモーザック・ブランとコニャック地方のユニ・ブランという厳選されたブドウから誕生した、軽やかな柑橘系果実の芳香に満ちたスーパープレミアムウォッカです。モーザック・ブランは完全に熟成するぎりぎりの時期まで樹上に残され、その純粋な鮮度と自然の芳香をしっかり保てるように、低い気温の中で収穫”snap frost(霜摘み)“されます。

こうして収穫されたブドウを使って造られる「シロック」は、第一級のワイン製造技術者によって確立された低温製法(低温溶出・低温発酵)で造られています。高級ワインの製法に用いられる熱を加えない低温抽出を採用しています。そしてコニャック地方にある歴史的なシュヴァンソー蒸溜所で5回の蒸留を行って造られます。

合計5回もの蒸溜を経ることで、「シロック」の口当たりは、見事なまでになめらかに仕上がっています。また、その芳香は新鮮で、ブドウの香りとともに、すっきりとした柑橘系(レモン・ライム)を香りも楽しめます。

お酒まとめ大全 ウォッカ シロック

おススメの飲み方は、冷凍庫でマイナス10〜15度くらいに冷やしておくことです。一気に飲み干すのではなく、常温のグラスに注ぎ、徐々に温度を上げながら楽しむことをお勧めします。そうすると、温度の変化に合わせて、ブドウのいい香りと甘味が微妙に変化しながら立ちのぼってくるのがわかります。

美しいボトルのチカラ『シロック』は、美しいボトルデザインも特徴です。ボトル上部にある印象的な円とボトル底部に施されている藍色は、原材料であるモーザック・ブラン種ブドウの産地であるガイヤック地方に古くから伝わる染料の色をイメージしているそうです。

海外のクラブでも人気でHIPHOPやR&Bシンガーの歌詞にも登場する、プレミアムウォッカ・シロック。

ぜひ一度、余計なものを含まない、ブドウのみで作られた『シロック・ウォッカ』を試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す