お酒まとめ大全 バランタイン スコッチ ウイスキー
ウイスキー スコッチウイスキー

バランタイン

バランタイン(Ballantine’s)はペルノ・リカール傘下のジョージ・バランタイン&サンによって製造・販売されているスコッチ・ウイスキー(ブレンデッド・ウイスキー)です。

バランタイン社の創業者ジョージ・バランタイン(1809年-1891年)はローランド地方の農家の出身で、13歳のときにエディンバラの食料品店に奉公に出て、5年後に独立。食料品と酒を扱う小さな店を構えました。これがバランタイン社の前身と言われています。

1853年、アンドリュー・アッシャーが世界初のブレンデッド・ウイスキーを開発。これに刺激を受けたジョージは1869年に自らブレンダーとなってブレンデッド・ウイスキーの製造に取り組みました。その努力が実り、1895年にはヴィクトリア女王より王室御用達のお墨付きを得ることとなります。

その後、経営権の譲渡や吸収を繰り返しますが、バランタインというブランド名は残り続けます。

1937年にはマスターブレンダー・ジョージ・ロバートソンの指揮の元にスキャパ、プルトニー、バルブレア、グレンカダム、グレンバーギ、ミルトンダフ、アードベッグなどを中核としてバランタイン17年を誕生させます。このバランタイン17年は”The Scotch”と称され、原酒の七つのモルトはバランタイン魔法の7柱と呼ばれています。

お酒まとめ大全 バランタイン スコッチ ウイスキー

バランタインは、多くの原酒が使われており、ハイランド・ローランド・アイラ島・スペイサイドのモルトとグレーンウイスキーがブレンドされています。使われているキーモルトは、アードベック・ミルトンダフ・グレンバーギ・グレンカダム・バルブレア・プルトニー・スキャパの7種類で、これらが柱となっています。

国内で主に正規に流通しているのは以下の6種類です。

  • バランタイン・ファイネスト
  • バランタイン・マスターズ
  • バランタイン30年
  • バランタイン21年
  • バランタイン17年
  • バランタイン12年

ぜひ一度、ザ・スコッチとも称される「バランタイン魔法の7柱」の味を感じてみませんか?

コメントを残す