お酒まとめ大全 ウイスキー スコッチ アイラ ボウモア モルト
ウイスキー スコッチウイスキー

ボウモア

ボウモア(Bowmore)はゲール語で「大きな岩礁」を意味します。

ボウモア蒸留所は、ビームサントリーが保有するスコットランドのアイラ島のボウモアという村にあります。また、多くのシングルモルト・ウイスキー蒸留所のあるアイラ島の中でも最古であることで有名です。

1779年、ボウモア蒸留所は、島の中央部・インダール入江に面した場所で操業を開始しました。風が強い日には蒸溜所はまとも波しぶきを受け、この影響で蒸溜所内は潮の香りに満ちています。

特に「第1貯蔵庫」は海抜ゼロメートルに位置しており、海の香りを呼吸しながら熟成されるボウモアは、「アイラモルトの女王」とも呼ばれる気品あふれる香りが特徴です。ピート(泥炭)の影響の濃いラーガン川を仕込み水の水源とし、バーボン樽やオロロソ・シェリー樽による熟成を行います。

お酒まとめ大全 ウイスキー スコッチ アイラ ボウモア モルト

アイラ島をはじめ、アイラモルトウイスキーは日本のウイスキーと比べてドライなスモーキー感が特徴で、よく「正露丸」などにもたとえられます。そのため、ウイスキーに慣れていない人が飲むと嫌いになるという話もよく聞きます。
しかし、ボウモアはアイラモルトウイスキーの中でもスモーキー感が薄くフルーティさもあるので、比較的飲みやすいのが特徴です。

 

ボウモアのラインナップ

  • ボウモア 12年
  • ボウモア 15年ダーケスト
  • ボウモア 18年
  • ボウモア 25年
  • ボウモア シングルセレクト – 8年熟成の成城石井限定商品(現在は販売終了)
  • ボウモア スモールバッチ

 

ぜひ一度、アイラ島最古の歴史を誇る「アイラモルトの女王」の味を試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す