お酒まとめ大全 ウイスキー カリラ caol ila スコッチ アイラ
ウイスキー スコッチウイスキー

カリラ

Caol Ilaと綴って「カリラ」と発音します。

スコットランドで使われるケルト系の言語であるゲール語で、「Caol」が海峡、「Ila」がアイラ島、つまり『アイラ海峡』を意味します。

言葉のとおりアイラ海峡に面したアイラ島の北東部に蒸溜所があります。

アイラ海峡はアイラ島とジュラ島を分けており、スコットランドの西海岸で最も美しい場所のひとつです。

お酒まとめ大全 ウイスキー カリラ caol ila スコッチ アイラ カリラ蒸留所

ナムバン湖の真水を仕込み水としてふんだんに使えることから、この場所にアイラ蒸溜所は1864年に建てられました。しかし、閉鎖と再稼働を繰り返し、1970年代前半に現在の施設が完成しました。

独自路線を進め、ジョニーウォーカーなど多くのブレンドに使われる原酒で、現在ではアイラ島では生産量最大のシングルモルトですが、シングルモルトを発売したのは2001年からと意外に遅く、実は知る人ぞ知る蒸溜所でした。

お酒まとめ大全 ウイスキー カリラ caol ila スコッチ アイラ

カリラは、アイラモルト独特の正露丸の香りのようなピート香やヨード香、スパイシーなスモーキーさが特徴のお酒です。

ストレートで飲むと意外と香りほどの強烈さは無く、スパイシーさや辛口感があります。ウイスキーによくある甘ったるさはないので、辛口のお酒が好きな人にはきっと合うでしょう。

水割りで飲むと、ピートの香りが抑えられ、アイラモルト初心者でいきなりストレートでこのお酒を飲むことが怖い方はおすすめかもしれません。

ぜひ一度クセの強いアイラモルトを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

コメントを残す