白州 ウイスキー ジャパニーズ お酒まとめ大全
ウイスキー ジャパニーズウイスキー

白州

白州(はくしゅう)はサントリースピリッツが製造、サントリー酒類(二代目)が販売しているシングルモルトウイスキーです。

白州蒸留所は山梨県の白州町というところにあります。白州でのの長い年月をかけて、南アルプスの山々をくぐり抜けてきた地下天然水は、ほどよいミネラルを含むキレの良い軟水で、この水で仕込まれた原酒は軽快で穏やかな味わいを持ち、重厚で華やかな山崎の原酒とはタイプが異なります。サントリーはこの白州のソーダ割を”森香るハイボール”とも呼んでいるそうです。

白州 ウイスキー ジャパニーズ お酒まとめ大全

白州蒸溜所におけるウイスキーづくりは、世界にも類を見ない多彩な原酒のつくり分けが特徴です。

発酵工程では、保温性に優れた木桶発酵槽にこだわり、蒸溜所内に棲みつく乳酸菌などの微生物の働きによって、白州ならではの独特な風味を生みだしています。

蒸溜工程では、大きさや形状の異なる蒸溜釜を使い分け、貯蔵(熟成)工程でも様々な樽を使い分けるなど、仕込から発酵、蒸溜、そして貯蔵(熟成)に至るまで全ての工程で多彩な原酒のつくり分けが行われています。

おすすめの飲み方は個人的にはやはり白州ハイボール(ソーダ割)がおすすめです。飲んだ後の後味の爽やかさが特徴で、暑い日やのどが渇いたときはサイコーにおいしいです!!

ところで、写真にある白州グラスって意外と市販されているんですね!それで飲んだらより一層白州に酔い浸れそうです(笑)

 ぜひ一度、様々なこだわりによって造られた白州を試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す