お酒まとめ大全 マッカラン スコッチ
ウイスキー スコッチウイスキー

マッカラン

マッカラン蒸留所はスペイサイドの美しい風景の中にあります。この蒸溜所は多くのウイスキーコンペティションで1位に輝いた実績を持つ有名な蒸溜所です。

スペイサイドは、スコットランド最大の川であるスペイ川沿いの地域のことで、山や渓谷などがあり、自然がとても豊かな場所です。地形的に昔から密造酒づくりが盛んに行われ、その歴史から、現在もスペイサイドは蒸留所が密集している地域となっています。有名銘柄が多く、「スコッチといえばスペイサイド」と言われるほど親しまれています。マッカランはそのスペイ川の水を贅沢に使うことで、「マッカラン」の上品な味わいを造っています。

蒸溜所は古く、この周辺がまだマッカラン教区と言われていた18世紀初めには、すでにその名が知られていました。

スペイ川の流域は昔の聖コロンバの丘を意味する「マ・コラム」と呼ばれており、それが「マッカラン」になったというのが名称の由来だと言われています。

原料は大麦、水、イースト菌のみを使用し、着色料などは一切使用していません。

大麦は指定された農家の畑で作られたもので、昔は特に栽培が難しいとされる「ゴールデンプロミス」という品種のみを使用していました(現在はいくつかの品種を混合しているようです)。

水はスペイ川のほとりにある長い間濾過されてきた、軟らかくミネラルを多く含んだ泉の湧水を使用しています。そこからつくられる蒸留液は、最初と最後に出てくる蒸溜液には十分な成分が含まれていないため、中間に抽出される厳選されたわずか16%だけしか使用しないというこだわり。(ファイネストカットと呼びます)

蒸溜に使われる蒸溜釜も、マッカランのこだわりのひとつです。スペイサイドで最も小さいといわれている銅製の蒸溜釜で丁寧に蒸溜することによって、香りの成分を極限まで高めています。

そして最大のこだわりは、オールシェリー樽貯蔵です。マッカランの貯蔵熟成に使用されるヨーロピアンオーク樽とアメリカンオーク樽は自社で管理するスペイン北部の森で選定し、伐採。その後1年もの間天日で乾燥し、南部にあるヘレス地方でシェリー樽に製樽されます。さらに1度シェリー酒の蒸溜所に貸し出され、専用のシェリー酒を3年間詰め、シェリーの香りが十分に染み渡った樽のみを熟成させて初めてマッカランの貯蔵樽が完成します。そこから生まれる独特の甘みと際立った華やかな香りから、ハロッズのウイスキー読本で「シングルモルトのロールスロイス」と讃えられるほどです。

「マッカラン」の味は上品な甘さとまろやかさが特徴です。さらに、香りも非常に良く、華やかな香りを楽しむことができます。ウイスキーの中でも比較的クセがなく飲みやすいので、ウイスキー初心者の方にも「マッカラン」はオススメです。

 

「マッカラン」は、主に「シェリーオーク」と「ファインオーク」という2種類に分けることができます。

 

シェリーオークシリーズ

おそらく一般的に知られている「マッカラン」はこちらの方かと思います。「マッカラン」の特徴である華やかで高級感のある味わいがあります。また、シェリー樽によるフルーツを想像させる甘みとかすかなスパイス、しっかりとした華やかな香りが特徴です。

 

ファインオークシリーズ

ヨーロピアンオークのシェリー樽原酒、アメリカンオークのシェリー樽原酒、バーボン樽原酒の3つの異なる原酒をヴァッティングしたのが「ファインオークシリーズ」です。従来の「マッカラン」の華やかさに、バーボン樽原酒由来のバニラやシトラスの味わいが加わり、「シェリーオークシリーズ」よりも軽やかさを感じることができます。シェリー樽とバーボン樽のいいとこ取りしたようなものです。

 

 

 

 

 

 

ぜひ一度、「シングルモルトのロールスロイス」とも称されるマッカランを試してみてはいかかでしょうか。

小さいミニチュアボトル、ハーフサイズもありますよ!

コメントを残す