山崎 ウイスキー ジャパニーズ お酒まとめ大全
ウイスキー ジャパニーズウイスキー

山崎

山崎(やまざき)は、サントリースピリッツ山崎蒸溜所が製造し、サントリー酒類(二代目)が販売しているシングルモルトウイスキーです。

お酒に詳しくない人でも、一度はその名前をなんとなく耳にしたことはあるかもしれないですね。

山崎 ウイスキー ジャパニーズ お酒まとめ大全

山崎蒸留所は大阪府にあり、大阪市と琵琶湖のちょうど間あたりに位置します。山崎蒸溜所は、日本最古のモルトウイスキー蒸溜所であり、世界に誇るジャパニーズウイスキーの聖地とも言われています。1923年、サントリーの創業者である鳥井信治郎が、輸入品ではない国産のウイスキーにこだわり、山崎の地で日本初のモルトウイスキー蒸溜所の建設に着手し、完成したのがこの山崎蒸留所です。

山崎は、万葉の歌にも詠まれた水生野(みなせの)と言われる名水の里です。名水百選のひとつ「離宮の水」は、昔から今も湧きつづけています。茶人・千利休もこの地の水を愛し、秀吉のために茶室「待庵」を構えたほどだといいます。

軟水の中でも硬度が高めの山崎の水は、複雑な香味や重厚なモルト原酒をつくるにはうってつけだそうで、
水の品質としてのデータは創業時から変わらないといいます。

さらに、山崎の特色は気候です。京都の南西、天王山の麓の竹林が生い茂る山崎は、四季折々の変化が感じられる自然豊かな地で桂川、宇治川、木津川が合流する地点にあり、辺り一帯を山に囲まれています。濃い霧がたちこめやすく、温暖かつ湿潤な気候は、ウイスキーの熟成にとってまさに好条件で、木樽の中で眠るウイスキーが、ゆっくりと熟成していく助けになるそうです。

ぜひ一度、日本が誇るジャパニーズウイスキーである山崎を一度試してみてはいかがでしょうか?

白州も同様に専用グラスがありますが、山崎も写真の山崎グラスで飲んでみたい!(笑)

 

コメントを残す